復縁に強い占い師比較

不倫に強い占い師特集

不倫相手と復縁したい

不倫してた元カレと復縁するための正しい自分磨きの方法を教えます

更新日:

不倫関係だった彼と別れたけど…

冷却期間が終わるのを待って復縁したい

女磨きをしてもう一度、彼に好きになってもらいたい!

 

復縁は冷却期間も大事ですが、「別れた時の自分よりも成長しているのよ!」と、彼に思わせることも大事です。

そこで、今回は復縁に役立つ「自分磨き」の方法を厳選して紹介していきます。

自分磨きをする理由

自分磨きをする前に、なぜ、あなたが「自分磨き」をするのか、その理由を明確に意識しましょう。

 

「自分磨き」の方法はたくさんあります。

インターネットで調べれば、あふれるほど出てきます。更に自己啓発本もたくさんあります。

しかし、それらの多くは女性目線で書かれており「女性に愛される女性」を目指しているものがほとんどです。

 

多くの女性が自分磨きをする理由

など、自分を高めることを意識しています。もちろん、これも非常に大事なことだと思います。

 

しかし、あなたが自分磨きをする理由は、彼と「復縁するための」のはずです。

一刻でも早く復縁したいなら、自分を高めることだけではなく、彼が求めることを優先しましょう。

 

あまり多くのことをやろうとして、続けられなかったら意味がありませんので、必要なことを吟味して「無理せず、継続する」ことを目指しましょう。

復縁するための自分磨き

少ない時間で効率よく自分磨きするためには、やるべきことと、やらないことの区別をしっかりとつけるこです。

まずは、優先すべき自分磨きが何なのかハッキリとさせましょう。

優先すべき自分磨き

  • 彼とわかれた理由に直結するもの
  • 変化に気づいてもらいやすいもの
  • 自分に足りないと思うもの

では、これを頭の隅に置いたままこれから紹介する「内面」と「外見」についての自分磨きをそれぞれ選んで行ないましょう!

復縁するための自分磨き【内面編】

愛嬌のある女性になる

愛嬌のある女性が好きな男性はかなり多いです。

外見がいくら美人でも、どこか高飛車な感じがしていては愛されなくなってしまいます。

 

極端ではありますが、イメージ的には女性のほとんどの人が嫌いなぶりっ子タイプが愛嬌のある女性と言えます。

💡ポイント

・よく笑う
・リアクションが大きめ
・言葉遣いは女性らしく

ぶりっ子にならないために

・アニメ声のような作り声は出さない

・ボディタッチを意味もなくしない

・上目遣いをしない

話声や言葉使いを気をつけながら、話す時によく笑いましょう。

楽しそうに笑ってる人を見てるのと自分も楽しくなっていきませんか?「笑い」は伝染するのです。

ありがとうを忘れない

感謝の気持ちを忘れずに「ありがとう」を素直に言える女性は男性からの好感度も高いです。

親しくない人が親切にしてくれた時、思わず先に「すみません」と言っていませんか!?もちろん、それでも相手に感謝の気持ちは伝わります。

しかし、「すみません」と「ありがとう」を比べると

このように言葉のイメージが大きく変わります。

せっかく感謝の気持ちを伝えるならポジティブのほうが相手も素直に喜べますよね。

 

関係が親しいひとにも「ありがとう」を言っていますか?

「〜取って」
「〜買ってきて」
「〜やって」

と、お願いするだけで「ありがとう」を忘れていませんか??

 

「ありがとう」は周りのひとを明るくしてくれる魔法の言葉です。たえず忘れずに感謝を伝えましょう。

気遣いのできる女性

不倫は普通の恋に比べて障害が多い分、お互いへの配慮をより求められます。

既婚者の男性にとって、気づかいのできる女性と一緒にいると安心することができます。

 

気遣いのできる女性の特徴

 

冷却期間中でも彼と顔を合わせる機会がある人は、周りの人への配慮も忘れずに行なってください。

別れても彼はあなたのことを気にしているはずです。

しかし、男性が好きなのは”さり気ない”気遣いなので、気合を入れてやりすぎないように気をつけましょう。

 

冷却期間中に彼と顔を合わせる機会が全くない人は、復縁する日のために心がけておきましょう。

日ごろから心がけることで、彼もその変化に気付いてくれるはずです。彼に「安心」を与えることができれば、復縁の確率も高くなります。

ポジティブな思考

不倫していた彼と別れて何も手につかず、家にこもりがちになっていませんか?誰だって失恋したらネガティブになってしまうときはあると思います。

しかし、ネガティブの気持ちは、表情や仕草にも現れてしまうので、復縁する時もそれが彼に伝わってしまいます。

 

人は同じものを見てもみんな感じ方が違います。

たとえば、復縁できる確率が

・50%しかない
・50%もある

このように同じ50%でも、見る角度によって全く逆に考えることができます。

 

日ごろから

「~しかない」とマイナスなイメージで思うのではなく、

「~もある」とプラスなイメージを持つことを心がけましょう。

 

これは、思考の癖なので、すぐに変えることはできませんが、それだけにもし変えることができたら

へぇー考え方変わったじゃん!!

とあなたが変わったことを認めてくれて、復縁に向けて大きな前進ができます。

復縁するための自分磨き【外見編】

自分磨きは「内面」も大切ですが、「外見」を磨くこともすごく大切です。

外見は与える印象の半分以上をしめますので、サボらずに努力しましょう。

うまく外見を変えることができれば、彼の気持ちをあなたに向けさせることができます。

笑顔

上記の「愛嬌のある女性になる」項目にもあったように、「笑う」というのはとても大切です。

笑顔には人の印象を変える大きな力を持っています。

 

しかし、面白くもないのに、自然の優しい笑顔を作るは意外と難しくありませんか?

作り笑顔がヘラヘラしてしまったり、目が笑っていなかったりしたら、彼にもその思いが伝わってしまいます。

自然な笑顔の作り方

 

割り箸を口にくわえて練習すると良いです。自然な笑顔ができれば、笑顔で彼の心を癒すこともできます。

笑顔が嫌いな男性などいなので、また一緒にいたいと思うようになってくれるはずです。

姿勢

姿勢はあなた性格や気持ちと直結しています。

下を向いて猫背になっていたら、

・気持ちが沈んでいる
・だるそう
・辛そう

と見えてしまいます。

 

反対に胸を張って背筋を伸ばしていたら、

・気持ちが前向き
・気合が入っている
・自信がある

と、印象がよくみえます。

 

別れたショックで気持ちが沈んでるからといって、下を向いていませんか??

 

姿勢は癖や筋力によっても変わってきます。良い姿勢を保ち続けるのは容易ではありません。

自分でも気にしているのなら、これ置きに、ジムや整体に行ってみてもいいと思います。

ダイエットについて

女性は自分の体型に満足してる人はあまり多くないため、自分磨きをすると言うと一度は「ダイエット」を浮かべると思います。

しかし、その発想は女性特有のものになります。

 

男性は女性が思っているほどスリムな女性が好きではありません。

男性の半数以上は細すぎるモデル体型よりもちょっとぽっちゃりしている女性の方が好きなのです。

 

あなたが彼と付き合っている間に体重が増えたわけではなければ、ダイエットをする必要はありません。

もし、彼の好みがモデル体型なら、ジムに通って健康的なダイエットをするのが良いでしょう。

女性の筋肉はそんな簡単に大きくなりませんので、適度な筋トレで引き締まったら体を目指しましょう。

オシャレをサボらない

彼と顔を合わせることがある人は、別れても彼が意識していることを忘れてはいけません。

失恋の悲しみにひたって、身だしなみをさぼっていませんか?

やる気のない恰好や、ボサボサ頭を彼に見せたら、ずぼらな印象を与えて気持ちがどんどん離れてしまいます。

 

彼をこのまま引き付けておくためにも、オシャレをさぼってはいけません。

 

冷却期間中に彼と顔を合わせることのない人は、そこまで意識していなくても大丈夫ですが、すぼらにならないように、アンテナは張っておきましょう。

復縁の日のためにどのような自分を作るか研究しておくのもいいでしょう。

髪型・メイク・ファッションとチャレンジできるポイントがたくさんあります。

どれかひとつ彼の好みに合わせてみるのもいいかもしれません。

💡注意

・高級ブランドで着飾るのは控えましょう。
・あくまでも自分に合ったものを選びましょう。
・一般的には奇抜は外見は好まれません。

困ったら、店員さんや美容師さんに相談したほうが確実です。

料理【番外編】

料理の腕を磨いても復縁に大きな影響を与えません。

しかし、男性を虜にしたければ「胃袋をつかめ」と言いわれるように、復縁できたあとに長続きさせる効果はあります。

 

不倫の場合、外でのデートよりも家でのデートの方が多いですよね?

あなたの自慢の料理を振る舞えば彼の心をつかめるでしょう。

うーん。彼と会うのはいつもホテルなんだよね

家で彼に料理を振る舞えないならば、お弁当にしてホテルであなたの手料理を食べさせてもいいと思います。

あなたの家庭的な一面を見て、もしかしたら、将来のことを考えてくれる可能性も出てきます。

-不倫相手と復縁したい

Copyright© ゑんむすび(不倫復縁電話占いサイト) , 2021 All Rights Reserved.